So-net無料ブログ作成
Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了) ブログトップ
前の10件 | -

始まりと終わり [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

今日は、Mちゃんのお母様からご紹介頂いたご家庭へ、ご挨拶の電話をしました。
家庭教師を始めてから恒例の挨拶電話。
電話自体は、仕事場でも毎日のように取っているのですが、この挨拶電話は未だに苦手です(笑)
緊張します~。

面談は週末に決まり、この一週間で資料などの準備をしなければなりません。
忙しくなりそうです!

さて、電話後、Dちゃんの最後の家庭教師に向かいました。
Dちゃんのお宅へは、妹さんの指導のために今後も通うので、昨年のような感慨深さはありませんでしたが。
それでも、一年前に初めて訪れた日のことを思い出しながら車を走らせました。

扉を開けた瞬間に、生徒の笑顔に触れながら
「合格おめでとう!」と言える喜び。
これだけは、きっと、何年経っても何度繰り返しても色あせないと思います。
何よりも、言いたかった台詞を繰り返すたびに、あの日閉めた扉の音と一緒に蘇る思い出。
叶えられなかった夢と果たせなかった責任。

入試の話を聞きながら、基本事項の総復習。
入試後ではありましたが、質問も出る中、積極的に取り組んでくれる様子は、嬉しいものでした。

授業後には、いつものようにお茶を頂きながら雑談。
高校の制服の着こなしや、規則の話、まだまだ卒業したくない中学の話まで。
最後に「一年間ありがとう」とお礼を言いました。
一年間、滞りなく勤めさせて頂けることがどれほど有難いことか。

さて。
新しい家庭教師がどうなるかはまだ未定ですが。
Dちゃんの妹Aちゃんの指導回数増加依頼もあり、思った以上にスケジュールがきつくなりそうな気配。
うまくまとまるか心配でもありますが、有難いことです。

終わりと始まりの交錯する季節。
良い終わりは良い始まりをもたらしてくれるもの。
後は、Mちゃんの本命公立入試が控えています。
今日初めて、予想合格点ボーダーに入りました。
あと一息。頑張って欲しいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

合格♪ [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

Dちゃんから合格報告がありました!

第一志望校に無事合格です。
良かったです[黒ハート]

彼女の場合、元々、学力に比べ内申点が高めでした。
そのため、当初より、公立推薦での合格を目指してきました。
途中、遅刻が目立つなどの心配事もありましたが、2学期以降は遅刻もゼロ、
髪の毛の色も戻し、
室長にも立候補するなどして、積極的に頑張っていました。

一時、過去の素行(髪型服装)を理由に推薦が保留になったものの、校長面接を経て、無事推薦を頂くことができ
それからは、授業でも面接練習をし、家族でも面接練習などをしてもらいました。
そして入試。
無事合格報告を聞けてよかったです。

お母様からは高校以降の継続を打診頂きましたが・・・高校はちょっと厳しいかな・・・。
どちらにしても、妹さんがいるので、このご家庭との縁はまだ継続させて頂けそうです。

そして今年も、まずは生徒の笑顔第一号に会う事ができそうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公立推薦 [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

Dちゃん、公立推薦の校内推薦が決まりました。
とりあえず、一安心です。

Dちゃんの学習状況からしても、公立一般入試での合格は厳しいことを感じていました。一方で、Dちゃんの志望校は、
受かりにくいといわれる公立推薦でありつつも、昨年度は100%、一昨年も95%という高い合格率。
そのため、早い段階から公立推薦を視野に入れていました。

しかし、警告をしていたにもかかわらず、一学期は、相変わらず遅刻が目立ち、当然ながら学校の先生にも
「公立推薦は厳しい」といわれてしまいました。

とはいえ、諦めるわけにはいきません。二学期。遅刻はゼロにすることを誓ったDちゃん。
更に、室長に立候補しました。
華やかで友達も多い彼女でしたので、問題なく室長に決まり、遅刻もゼロ。一学期まで茶色かった髪も、真っ黒にしました。
元々授業態度は良く、それらの努力は先生も認めてくださったようでした。

結果。内申も上がり、なんとか、公立推薦を頂くことができました。
公立推薦入試まで、残り3週間を切っています。
一足早く笑顔を見ることが出来るよう。
頑張りきって欲しいと願っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

間もなく学年末テスト [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

「社会の、時差のところがわからないので、次回、教えてください」

夜、Dちゃんから届いたメールです。

一年近く見てきて、こうして、わからない単元や内容を教えて欲しいと自らメールをしてきたのは初めてなのではないでしょうか。

基本的には、数学のみを指導していますが、「わからない単元」などについては柔軟にどの教科でも受けます。

次回、30分ほど早く行って、地理をやる予定です。
その分の指導料は頂きません。
一昨年までは何時間でも付き合い、そして昨年は一切やらなかった
延長したり、早く行ったりしての無料での時間外指導。
結局のところ、そのようなサービス?が良いのかはわかりません。

時間内できっちり指導するのも腕のうち。
特定の講師が時間外指導することは他の講師にとってマイナスになる。
生徒にとってもサービスに差が出る。
塾におけるそのような意見や、マイナス面は理解しています。
今後、塾で指導することがあるとすれば、もうやらないでしょう。

けれども、個人で家庭教師をしている今は、やはりこれが自分らしいスタンス。
生徒の頑張りには応えたい。
そう思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

変更 [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

三者面談前日になって、お母様に志望校の変更を伝えたというDちゃん。

そのお母様から、今日、志望校変更を伝えられました。

行きたい学校と行ける学校は別です。

二学期、彼氏と遊びまわっているDちゃん。
毎日、家庭教師がある日でも、私が家に行くと彼氏が遊びにきています。
家庭教師がある日は、それにあわせて彼氏は帰宅しているようですが
それ以外の日は暗い道を二人で自転車に乗ってどこかへ出かけていったり。

当然ながら、成績も下降中です。

けれども、私が担当しているのは数学だけで、受験対策もしていません。
何もなしでは、と思い、教材や学習方法などの提示はしているのですが
やっている様子は見えません。

その中での志望校変更。
学校の先生がなぜゴーサインを出したかわかりません。
元々受けると言っていた学校よりもランクが上がるのですから。

行きたい学校があるのならば勉強する。
勉強したくないのならば、むしろ、高校なんて行かなくてよいとすら思います。
学びにいくのですから。

もちろん、楽しいことへの誘惑に負けずに真面目に勉強できる人なんて一握りでしょう。
勉強したいから高校へ行く、と言えるものでもないでしょう。

それでも、行きたい高校があるのならば、最低限やるべきことはやろうよ、と思います。
Dちゃんが今の日常生活を変えなければ
とても勉強ができる状況ではありません。

Dちゃんの彼氏はスポーツ推薦でほぼ高校進学が内定しているような状態です。
私が親ならば
「Dのことを好きでいてくれているのなら、受験勉強できるように協力してね」と言いたいです・・・。

受験対策をしていないので、責任はない、とも言えなくはありません。
けれど、このまま見過ごしたくもない、そう思っています。



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

それならそれで仕方ない [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

Dちゃんの妹の指導のために、ご家庭へ伺い、帰宅する時のこと。

ちょうど、私が降りていく少し前、賑やかな話し声と共に
Dちゃんが彼氏と一緒に家を出るところでした。

時間は夜六時半。

Dちゃんが彼と付き合いだしたここ一ヶ月ほど、彼女の家には毎日
彼が遊びに来ています。

そして、テスト一週間前である昨日もDちゃんの家で過ごした様子。
自転車に二人乗りして出かけていったDちゃん。

実力がない分、推薦が欲しいということ。
そのためには、1の評定があるとダメなので、なんとか1をなくしたいこと。

前回の授業で話をしたはずでした。

夏前から、家庭教師の最中に、睡魔に襲われていることの多いDちゃん。
本人なりに、起きていようとする努力は見られるものの、
さすがに前回
「10分か15分でも、授業前に仮眠をとるとかすると楽になるよ。
その状態では、通常の半分も頭に入らなくなっちゃうよ」
とデメリットを話したのですが。
今では家庭教師の授業前ですら、彼氏が来ています。

彼女が受けようとしている高校は、レベル的な問題と併せ、定員割れする可能性もあり
そうなれば、何もせずとも受かる可能性はあります。

ただ、それによってお母様が
「何もしなくても大丈夫なんだわ」と思われてしまうのも怖い。

妹さんがいるので・・・。

何よりも、

頑張った

という経験をして欲しいんだけどな・・・と思います。
全力を出し切った時の心地よさを知るチャンスを自ら逃したまま
目先の楽しみだけで過ぎてしまう彼女の日々を残念に思います。

しかし、警告もした以上
これ以上、私にできることは無いでしょう。

残念ですが、仕方ない、と思った出来事でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

テストの結果や追加指導や・・・ [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

Dちゃんのテストが戻ってきました。
点数は上がっていたので一安心。とはいえ、平均点がわからなかったので完全に安心はできませんが…。

それでも、後からテストを見直したというDちゃん。
「この計算なんでこんなこと書いたんだろ!ここも。テスト中何考えてたんだろ」

少しずつ、手ごたえが出てきている様子。

苦手の理科や社会も。

「教科書を自分なりに、パソコンに打ち出して覚えたつもりだったのに、全然できなかった。結局覚えられてなかったってことかなあ」
「おお、がんばったじゃん!じゃ、次回はさ、もう少し早いうちから勉強を始めたほうがいいかもしれないね。まとめることや覚えることをもう一週間早く始めれば、残りの一週間は、覚えたかどうかの確認の問題練習に使えるから」

テスト勉強をしたことが無かったというDちゃん。
担当して半年でだいぶ変わってきたと思います。
ただ、やはり少し時期が遅すぎました。
せめて、中2のうちから、家庭教師をやらせて頂いていれば、という思いがあります。
学習の仕方やテストとの向き合い方など、今の状況が中2のうちに生まれていれば、本人のこうした気付きを次回に生かせるよう導きつつ、少しずつ改善していく余裕があったのですが・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

夜遊び [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

ひどく眠そうな顔で玄関先に現れたDちゃん。

よくよく聞けば、夜中にこっそり家を抜け出し、男友達など数人で学校に忍び込んで遊んでいたようです。

様々な危険や違法性については、さらりと話をしたのですが。

携帯電話、インターネット・・・
情報ツールは、私達が中高生だった頃には知りもしなかったような
大人の世界の情報を子供たちに伝えてしまっています。

例えば携帯電話がなければ、夜中に出歩く約束などできないでしょう。
氾濫する過度な性の情報や男女交際に関する情報の大半は
インターネットのホームページなどを介して伝わっているのでしょう。

中学生であるにもかかわらず、どこで仕入れてきた知識や経験であるのか
彼らは時折まるで大人の男女のような会話を交わします。

仕入れてくる大人びた情報や知識と裏腹に
彼らはまだまだ成長途中。精神的にも身体的にも未発達です。
根本的な面は、自分たちが学生だった10年20年前と何ら変わりはないでしょう。
ただ、知識だけが突出して、ひどくアンバランスです。
中学生らしい浅い経験や、足りない想像力や知識ゆえ、彼らは平気で危険な行動に出ています。

そして、パソコンも携帯電話も、気軽に自室に置かせ
与えている現代の親達。

中には、深夜の外出などを黙認している親もいる模様。
カラオケ、ゲームセンターなどへも子連れで法令や警告を無視して
居座る親もいる事実。

大学時代、大音量の夜中のカラオケで、
若い親が連れた赤ちゃんがぐずっているのを見ました。
虐待だとしか思えませんでした。

話がそれましたが。
親達が責任を放棄したその裏でどんなことが起きているのか・・・。
親達の想像力を超えているであろうやり取り。
怖いと思います。

自分が親になったときには、携帯やパソコンはきちんと管理したいとつくづく思います。
何かあってからでは遅いのです。
子どもを愛すればこそ、物を与え、自由を与えることだけが真の愛情ではないと思います。

そして、親免許、なんて制度でも作ってほしいものです。
免許がなければ親にはなれない、といったような。
親になるということは、子どもを責任を持って育てる義務があるということ。
最低限の知識もモラルもなく、無責任に妊娠し、子どもを生む・・・
その結果、悲しい思いをするのは子どもなのですから・・・。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての合格点 [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

授業方針を変更するか迷っていたDちゃん。
結局、当初のままのスタイルで続けていたのは、本人のやる気が失せることがなかったからです。

効果的な勉強の方法をまだ理解しきってはいない彼女ですが、学習量は増えていますし
課題もきちんとこなしています。

それでも、繰り返してきたテストで、彼女が合格点を取ることはなかったのですが。
今日、ついに、単語テストで初の合格点を取りました!

「すごい!初めての合格だ!」と笑うDちゃんの笑顔はとても素敵でした。

半年後には、Dちゃんの合格の笑顔を見たい。
心から思います。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

方針変更しようかな [Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了)]

モチベーションが大変高い、Mちゃんに比べて、さてどうしよう、と思案中のDちゃんの授業計画。

勉強はしているけれど…という状況が七月いっぱい続きました。
「テキストでやった問題は、暗記するくらいまでやって定着させて」と伝え、勉強方法も伝えたものの、現在のところ、定着度がゼロに近い状況なのです。
つまりこのままでは2学期以降の成績アップは望めません。
それでもなんとか、公立高校へ行かせてあげたいと思います。

次回の確認テストの状況次第で、方針を変更しようかと考えています。
確認テストと単語テストを廃止すれば、20分~30分の余裕ができます。

確認テストは、あくまでも、自分の勉強の成果を確認するもの。
毎回、50点以下になるようでは、やる価値を見出せません。
それならいっそ、その時間を使って、二学期の予習をする、と。

本当は予習をする主義ではありませんが、とりあえず目先の内申点を稼ぎに行くという戦法。
とはいえ、1学期のように計算メインではなく、難関単元の多い、二学期学習内容で、どこまで稼ぎにいけることか…。
英語は後置修飾、関係代名詞…。…。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - Dちゃん(家庭教師:公立推薦合格 09満了) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。